辛口特別本醸造〝鷹の爪〟でカジカの骨酒

ここ数日、さらに気温が下がり冬の到来を間近に感じます。

さて、みなさん骨酒ってやったことありますか?

多少クセがあるので初めは苦手な方もいるかもしれませんが

飲み慣れるとクセになります。

フグやイワナの骨酒が有名ですが、今回はカジカで作りました。

カジカは魚偏に秋とかいて鰍(カジカ)といいます。

旬の魚を使っての骨酒は最高です。

那珂川で釣ったカジカです。

まず、はらわたを取って下処理をします。

下処理をしなくても食べれまずが、砂利が入っている場合があるので注意が必要です。

焼きがあまいと生臭くなるので、しっかりと焼きましょう。

十分に焼いたカジカに熱燗を注ぎ、ラップをして蒸らします。

今回は骨酒用の酒器を使いましたが、湯飲や耐熱グラスでも楽しめます。

地元の川で育った魚を、地元の水で醸した酒で楽しむ。

何とも言えない至福の時間です。

 

今回は〝辛口特別本醸造 天鷹 鷹の爪〟 を使いました。

↑気になった方はクリック

骨酒には、飲み続けられる懐の深いお酒が良く合います。

他にも〝辛口純米酒 天鷹 瑞穂の郷〟

〝青松 天鷹〟  などがお勧めです。

是非、骨酒が未経験の方はこの機会にお試し下さい!!

更新 森田 航