夏の酒-生酒の美味しい季節となりました。

夏の酒-生酒の美味しい季節となりました

沖縄では梅雨が開けました。7月中旬頃になれば関東でも梅雨明け間近、夏の酒-生酒-の季節到来です。

生酒といえばフレッシュ感があり、独特の熟成をしています。香りも華やかで、軽やかなものが多いのも特徴です。しかし、酵母(微生物です)や酵素(タンパク質の一種)が活性化しているため、味や香りが変化しやすく、低温で保管しなければなりません。天鷹では、品質を第一に考え、詰口の時にもお酒の温度が上らないように、寒い時期にまとめて瓶詰めし、専用の冷凍庫で保管・熟成させています。日付は法律に従い、瓶詰した日にちを記載していますので時期によっては、古く感じるかもしれませんが、お酒のためには一番良い方法です。
今年は、ご好評いただいている「特別本醸造 夏越 しぼりたて生酒」に加え、「特別純米酒 夏越 しぼりたて生酒」を発売いたします。しぼりたて生酒の持つ、新酒特有の若々しさが取れ、まろやかでありながらすっきりした味わいのお酒です。

「夏越」とは6月30日に行われる「夏越大祓(半期に一度の穢れを祓う神事)」のこと。きりりと冷やした2種類の「夏越 しぼりたて生酒」を飲めば、身も心も清々しい気持ちに立ち返り、今年後半を乗り切る力が湧いてきます。是非、オン・ザ・ロックでお試しください。

 

●特別本醸造 夏越 しぼりたて生酒 好評発売中

1.8ℓ・・・2,808円(税込小売価格)

720ml・・・1,404円(税込小売価格)

●特別純米酒 夏越 しぼりたて生酒 新発売中

1.8ℓ・・・2,268円(税込小売価格)

720ml・・・1,134円(税込小売価格)

※生酒ですので、要冷蔵になります。

※数量限定につき、商品が無くなり次第終売とさせていただきます。