下野杜氏

さて、みなさん「杜氏(とうじ)」と言う言葉をご存知でしょうか?

簡単に言いますと、日本酒造り職人「蔵人(くらびと)」の監督者で最高責任者の事を言います。

杜氏は地域によって呼び名が変わりまして岩手では「南部杜氏」、新潟では「越後杜氏」、兵庫では「但馬杜氏」、石川では「能登杜氏」など、様々です。

日杜連(日本酒造杜氏組合連合会)によりますと、杜氏集団として登録されています団体は全部で26団体あります。

栃木県はと言いますと、2006年に現役杜氏の高齢化による危機感を抱いた栃木県内の蔵元たちが、栃木の酒を後世にも残したいと、一致団結して造り出した下野杜氏の認定制度が発端とされ「下野杜氏」と言う名前で26番目に認定された一番若い杜氏集団となっております。

天鷹酒造にも、二名の下野杜氏が在籍しており、他の蔵人と共に切磋琢磨し美味しい栃木のお酒を醸しています。

そんな栃木県の下野杜氏たちが醸すお酒が飲めるイベントが、一年に一度東京で開催されます。有料のイベントにはなりますが、美味しいお酒が楽しめるのと、各蔵の蔵人たちのお酒造りに対する想い、酒造りに関する話など、蔵元と直接話せる機会です。

今年は4月26日に開催予定で、大崎ブライトコアホールにて皆さんのご来場をお待ちしています。

ご興味のある方は、是非お越しくださいませ。

http://eplus.jp/sys/T1U14P002219203P0050001(新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表 2017 「イープラス」チケットサイト)

福田

有機日本酒がリニューアルしました!!

有機純米酒天鷹0402_org_junmaigin2有機純米大吟醸天鷹五百万石天鷹スパークリング生酒

この度、有機日本酒シリーズをリニューアルしました。

有機米のもつ優しい味わいを全ての商品で表現しつつ、和食のみならず洋食のシーンでも華やかな存在感を放つデザインになりました。

食中酒として楽しめるのはもちろんこと、環境にも人にも優しいお酒ですので、大切な方への贈り物にも最適です。

生まれ変わった天鷹有機日本酒を是非お楽しみください!!

有機純米大吟醸 天鷹 五百万石

有機純米吟醸 天鷹 五百万石

有機純米酒 天鷹

有機純米 天鷹 スパークリング生酒

 

日本酒の神様

日本には八百万と表現されるように、たくさんの神様がいらっしゃると言われています。

古来より、様々な神事に日本酒が使われており、神様と日本酒には強い結びつきがありますが、今回は酒に関係のある神様を祀った神社の中でも有名な神社をご紹介したいと思います。

 

まずは奈良県桜井市の三輪山にあります「大神神社(別名・三輪神社)」。

日本書紀によると、国が混乱していた第十代崇神天皇の時代、夢に現れた大物主大神(おおものぬしのおおかみ)のお告げにより醸した酒で国の混乱が納まり国が富み始めたとの、記述があり酒造りの発祥の地とも言われております。

大神神社では酒の二大神である「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」と「少彦名神(すくなひこなのかみ)」を祀って います。また本殿北側にある活日(いくひ)神社には、杜氏の祖と言われる「高橋活日(たかはしいくひ)」を祀っていることでも有名です。

また、新酒が出来た後の酒蔵の軒先に掲げられます「酒林(杉玉とも言う)」は、昔から三輪山の杉の葉でつくられていました。

毎年、新酒の仕込みの季節となる11月14日には、新酒の醸造安全祈願大祭が執り行われ、全国の杜氏や酒造家たちが醸造安全祈願にやってくる事でも有名な神社です。

 

二つ目は京都市右京区にあります。

当時、京都盆地の西一帯を支配していた秦氏によって西暦701年に創建された京都最古の神社とも言われる「松尾大社」。

秦氏には酒造技能者が多く見られたことから「酒造第一祖神」として崇拝されるようになりました。

毎年、醸造祈願の「上卯祭」(じょううさい、11月上卯日)、醸造完了感謝の「中酉祭」(ちゅうゆうさい、4月中酉日)が開催され、全国から蔵元関係者、杜氏らが訪れます。

またここ京都の松尾大社を総本山として、全国に20以上の松尾神社が存在しており、出雲にある松尾神社は「佐香神社」とも呼ばれ、ここで祀られている久斯之神(くすのかみ)は、出雲大社に全国から集った八百万の神々に酒を醸し振る舞ったという伝説があり、これを日本酒発祥とする説もあります。

最後は松尾大社と同じ京都市右京区にあります、「梅宮大社」。祭神は主神に「酒解神(さけとけのかみ)」【別名:大山祗神(おおやまつみ)】、「酒解子神(さけとけこのかみ)」【別名:木花咲耶姫(このはなさくやひめ)】、大若子神(おおわくごのかみ)、小若子神(こわくごのかみ)です。

「酒解神」の御子・「酒解子神」は大若子神との一夜の契りで小若子神が生まれたことから、 歓喜して狭名田(さなだ)の稲をとって天甜酒(あめのうまさけ)を造り、これを飲んだとされていて、これは穀物からお酒を醸した一番最初とされ、「酒解神」・「酒解子神」を造酒の守護神とされています。

 

それぞれ諸説はありますが、古の歴史より日本酒が飲まれていたことは、間違いがないと思います。世界の歴史を見ても、神話の物語からお酒が登場します。これからの歴史にもお酒が大切なシーンに使われて行く事でしょう。

そんな壮大なお酒の物語を思いながら飲むお酒は、また別格の味になると思います・・・。

 

福田

 

郷土料理「しもつかれ」

最近ではテレビなどでも取り上げられることの多くなってきました酒粕ですが、そもそも酒粕とは何なのか?どんな使い方をして良いのか?解らない方も多いかと思います。

酒粕とは、日本酒などの製造で使用する「もろみ」を搾った後に残る固形物の事を言います。ちなみに搾った際に出る液体が日本酒です。

酒粕は栄養価が高く、その栄養成分として、たんぱく質、炭水化物、食物繊維、ビタミン類、有機酸、ミネラルなどが含まれているほか、ペプチドやアミノ酸、麹菌、酵母菌由来のβ‐グルカン、葉酸なども含まれています。 また最近では、免疫や血圧についての研究が進められています。

このように、酒粕は栄養価の高い大変優れた食品であると見直され、最近では様々なレシピなどが出されています。

 

栃木県には昔からその酒粕を使った郷土料理があります。

新巻鮭の頭の部分と、節分に撒いた残りの大豆、大根・人参を、目の粗いおろし器の「鬼おろし」で荒くすりおろしたものを酒粕と共に煮込んだ料理で「しもつかれ」と言います。近年、栄養価の高さから料理家の間でも注目されている料理です。

しもつかれの歴史は江戸時代中期、天明の飢饉の頃に、稲荷神社に供えたのが始まりと伝えられています。

当時は野菜や生鮮ものの保存が出来る冷蔵庫もなければ、野菜の栽培法も未発達な時代でした。二月、稲荷神社でのお祭りがある初午の頃は、最も食料が乏しくなる頃で、お祭りのための新鮮なごちそうを作るのが困難で、そこで考え出されたのが残り物を巧みに利用したしもつかれであるとされました。また、しもつかれを「7軒食べ歩くと無病息災」という言い伝えもあり、当時から健康的な食べ物であったと言われています。小学校の学校給食に出たりと、郷土に根付いた食べ物です。

栃木県内の道の駅やスーパーなどでも販売しております。見かけましたら一度食べてみて下さいね!

 

福田

明けましておめでとうございます!!

2017%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

明けましておめでとうございます。

いよいよ2017年がスタートしましたね。

みなさん、新年の抱負は考えられましたか?

天鷹酒造はお客様により一層喜んでいただけるよう、様々なことに挑戦していく年になるかと思います。

従業員全員が成長できるよう、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

森田 航

和らぎ水

本年も師走に入り、忘年会の声が聞こえ始めています。

忘年会とは年末に催される宴会の事で、一般的にその年の苦労を忘れるために執り行われるそうです。

また、宗教的な意味付けや特定の行事仕様の無い日本固有の行事との事で、昔から行われていた行事の1つなんですね。

 

さて、最近は忘年会も多く少し飲み過ぎていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

そんなお酒の席で、酒蔵としてお薦めしたいのが「和らぎ水(やわらぎみず)」です。

二日酔いとは、体内のアルコールが過剰になり、それを分解するアセトアルデヒドという成分が増えることに主な原因があります。

お酒を飲む合間に、お水を飲む事を「和らぎ水」と言い、「和らぎ水」を適度に飲むことで、体内のアセトアルデヒド濃度を下げ、二日酔いのリスクを軽減させる事が出来ます。

体にも優しい「和らぎ水」忙しい師走に是非とも実践してみて下さい。

福田

新酒のフレッシュな味わいを是非ご堪能下さい!!

先日、宮城県の牡鹿半島でアイナメを釣って来ました。

潮の流れの強い磯場で育ったアイナメは歯ごたえがよく、旨味が強いのが特徴です。

今回、このアイナメに合わせて飲んだのが〝辛口特別純米 天鷹 しぼりたて生酒〟です。

辛口ですっきりとした味わいなので白身の淡白な魚との相性は抜群です。

この時期だからこそ飲める新酒の味わいを旬の食材と合わせて楽しまれてはいかがでしょうか?

更新 森田 航

〝純米大吟醸 天鷹心 初しぼり〟が発売しました!!

0710_kokorohatsushibori1

新酒、第三弾『純米大吟醸 天鷹心 初しぼり』が本日より発売します。

ロングセラー商品『天鷹心』の生原酒を、搾ってすぐに瓶詰したお酒で、弾けるほど若々しく力強い味わいが特徴です。

年末・年始にこそ飲んで欲しいお酒ですので、是非この時期に飲んでみて下さい。

★純米大吟醸 天鷹心 初しぼり

720ml  税込1,944円(本体価格1,800円)

1800ml 税込3,888円(本体価格3,600円)

新酒〝しぼりたて〟が出来ました!!

昨日は栃木の山間部は雪が降り、寒さが一段と厳しくなって来ました。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意が必要ですね。

 

さて、天鷹酒造では毎年恒例の〝しぼりたて〟の時期になりました。

日本酒は一年を通して、熟成による味わいの違いを楽しめるのが魅力の一つ。

新酒は熟成しては味わえない、荒々しくもあるフレッシュな味わいが堪能出来ます。

是非、天鷹の〝しぼりたて〟を味わって見てください!!

0702_jun_shiboritate_nama3

天鷹らしい、辛口でお米の旨みが味わえる純米酒です。

吟醸しぼりたてと飲み比べて頂くのもお勧めです。

★辛口特別純米 天鷹 しぼりたて生酒

720ml 税込1,134円(本体価格1,050円)

1800ml税込2,268円(本体価格2,100円)

0701_shiboritate_nama2

原酒の濃厚な味わいが特徴の吟醸酒。

この時期、お鍋料理と合せて頂くのもお勧めです。

是非、新酒のフレッシュな香りと濃厚な味わいをお楽しみ下さい!!

★吟醸 天鷹 しぼりたて生酒

720ml 税込1,404円(本体価格1,300円)

1800ml税込2,808円(本体価格2,600円)

 

更新 森田 航

日本酒の旬

天鷹酒造のある大田原地区も稲刈りが終わり、新米の季節となりました。

食欲の秋を代表するのが新米といっても過言ではないのではないのでしょうか。

さて、様々な食べ物には旬があります。

皆さん日本酒の旬について考えたことはありますか?

伝統的な「寒仕込み(寒い時期にお酒を仕込む事)」から、熱燗の美味しい冬が

旬だと思われる方が多いと思いますが、日本酒には様々な楽しみ方があり、

それぞれの季節によって「旬」なお酒があります。

 

春には「花見酒」と言う言葉があるように、花を見ながら日本酒を楽しむ文化があります。

そんな季節には春を連想させるような華やかなお酒が良いとされています。

「純米大吟醸 天鷹心」などお勧めです。また、日本酒ではありませんが、

人類最古の酒として知られ、国産はちみつと米こうじのみで醸した「はちみつのお酒」も

春らしさを感じられるお酒です。

%e7%b4%94%e7%b1%b3%e5%a4%a7%e5%90%9f%e9%86%b8%e3%80%80%e5%a4%a9%e9%b7%b9%e3%80%80%e5%bf%831-8l%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%b3%e4%bb%98%e3%81%8d%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%81%8a%e9%85%92%e3%80%80720ml

3月の雛祭りには白酒を飲むというのが一般的に知られています。

「辛口特別純米 天鷹 にごり酒」や「有機大吟醸 あまさけ」

などが旬のお酒と言っていいと思います。

%e7%89%b9%e5%88%a5%e7%b4%94%e7%b1%b3%e3%80%80%e3%81%ab%e3%81%94%e3%82%8a%e9%85%92%e3%80%801-8-l%e6%9c%89%e6%a9%9f-%e5%a4%a7%e5%90%9f%e9%86%b8%e3%81%82%e3%81%be%e3%81%95%e3%81%91

夏になりますと、氷を落としてオンザロックで楽しめるお酒がお薦めです。

氷が解けても味の変化の少ない濃いめのお酒などが良いと思います。

「吟醸 天鷹 夏越 しぼりたて生酒」「辛口特別純米 天鷹 しぼりたて 生酒」がお薦めで、

飲み比べる楽しさもあります。

%e7%89%b9%e7%b4%94%e5%a4%8f%e8%b6%8a%e3%81%971-8%e5%9c%a7%e7%b8%ae%e5%90%9f%e9%86%b8%e5%a4%8f%e8%b6%8a1-8

また、ビールの代わりにシュワシュワと感じます

「有機 純米スパークリング生酒」もおすすめです。

%e6%9c%89%e6%a9%9f%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%94%9f%e9%85%92%e3%80%80%e5%a4%a9%e9%b7%b9

秋の代表と言えば「ひやおろし」じっくりと熟成させたお酒は、冷良し燗よしの代表格です。

秋の味覚と相性の良い「辛口特別純米原酒 天鷹 ひやおろし生詰」

「純米吟醸 辛口純吟 天鷹 ひやおろし原酒生詰」などがお薦めです。

%e8%be%9b%e5%8f%a3%e7%b4%94%e5%90%9f%e3%81%b2%e3%82%84%e3%81%8a%e3%82%8d%e3%81%971-8l%e7%89%b9%e5%88%a5%e7%b4%94%e7%b1%b3%e3%81%b2%e3%82%84%e3%81%8a%e3%82%8d%e3%81%971-8%e5%9c%a7%e7%b8%ae

 

また、天鷹酒造では「純米吟醸 天鷹 一番仕込~First~」と言う新酒が発売する時期で、

新酒を先取り出来ます。もちろん、秋の味覚とも美味しくいただけます。

0707_ichiban1-8

仕込みの時期の日本酒の代表格は「新酒」ですね。しぼってすぐに味わえるのも

この時期だけの楽しみです。

上記した「一番仕込」も旬ですが昔から飲まれています「新酒」といえば「天鷹 吟醸しぼりたて 生酒」

新酒の爽やかな香りと、しっかりした味わいが楽しめます。

また「辛口特別純米 天鷹 しぼりたて生酒」も、爽やかな辛口な味が楽しめます。

また、「純米大吟醸 天鷹心 初しぼり」は、新年のお酒としてもおすすめです。

%e8%be%9b%e5%8f%a3%e7%89%b9%e5%88%a5%e7%b4%94%e7%b1%b3%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%a6%e7%94%9f%e9%85%921-8l%e5%90%9f%e9%86%b8%e5%a4%a9%e9%b7%b9%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%a6%e7%94%9f%e9%85%92%e3%80%801-8l%e7%b4%94%e7%b1%b3%e5%a4%a7%e5%90%9f%e9%86%b8%e3%80%80%e5%a4%a9%e9%b7%b9%e5%bf%83%e5%88%9d%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8a1-8l

このように、日本酒には昔からその季節に応じた美味しく楽しい飲み方があります。

熟成を前提に造られている日本酒には賞味期限は無く、四季折々楽しめ季節の変化と共に愛されてきた

飲み物です。保存がしっかりしている場合、十年以上たったお酒も美味しくいただけます。

「大吟醸 秘蔵酒 天鷹」は、最低でも十年以上熟成させた大吟醸ですが、

愛飲される方も多い美味しいお酒です。

%e7%a7%98%e8%94%b5%e9%85%922001%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%b3%e4%bb%98%e3%81%8d

自分オリジナルの「旬酒」を見つけて楽しむのも粋なものかと思います。

 

福田

初顔合わせをしました!!

11月2日に〝初顔合わせ〟をしました。

日々の出来事、これからの事、ざっくばらんに意見交換が出来てとても良い会となりました。

これから来春まで仕込みが本格化していきます。

全員で力を合わせて美味しいお酒を醸し、お客様へお届けして行きたいと思います。

更新 森田 航

天鷹に新たな仲間が加わりました!!

天鷹に新たな仲間(配送トラック)が加わりました。

今朝早くに納車され従業員のモチベーションは最高潮!!

トラックは大切なお酒をお客様へお届けする、重要なパートナーです。

これからも丁寧に扱い、一日でも長く乗れるようにしていきたいと思います。

更新 森田 航

2016年 第4回 おいしい地酒を楽しむ会 in 矢板市

矢板市で開催された第4回〝おいしい地酒を楽しむ会〟に参加しました。

参加蔵は富川酒造、鳳鸞酒造、森戸酒造、天鷹酒造の4蔵。

例年通り多くのお客様にお越し頂き、大いに盛り上がりました。

試飲カップにお酒の名前が書いてあるので、色々な種類のお酒を分かりやすく飲み比べすること出来ます。

※お客様には出品酒の酒質情報が渡されています。

普段、飲んでいるお酒も飲み比べて改めてその良さに気づくこともあります。

今年お越しいただいたお客様はもちろん、まだご参加されていない方、来年は是非参加されてみてはいかがでしょうか?

更新 森田 航