日本酒の神様

日本には八百万と表現されるように、たくさんの神様がいらっしゃると言われています。

古来より、様々な神事に日本酒が使われており、神様と日本酒には強い結びつきがありますが、今回は酒に関係のある神様を祀った神社の中でも有名な神社をご紹介したいと思います。

 

まずは奈良県桜井市の三輪山にあります「大神神社(別名・三輪神社)」。

日本書紀によると、国が混乱していた第十代崇神天皇の時代、夢に現れた大物主大神(おおものぬしのおおかみ)のお告げにより醸した酒で国の混乱が納まり国が富み始めたとの、記述があり酒造りの発祥の地とも言われております。

大神神社では酒の二大神である「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」と「少彦名神(すくなひこなのかみ)」を祀って います。また本殿北側にある活日(いくひ)神社には、杜氏の祖と言われる「高橋活日(たかはしいくひ)」を祀っていることでも有名です。

また、新酒が出来た後の酒蔵の軒先に掲げられます「酒林(杉玉とも言う)」は、昔から三輪山の杉の葉でつくられていました。

毎年、新酒の仕込みの季節となる11月14日には、新酒の醸造安全祈願大祭が執り行われ、全国の杜氏や酒造家たちが醸造安全祈願にやってくる事でも有名な神社です。

 

二つ目は京都市右京区にあります。

当時、京都盆地の西一帯を支配していた秦氏によって西暦701年に創建された京都最古の神社とも言われる「松尾大社」。

秦氏には酒造技能者が多く見られたことから「酒造第一祖神」として崇拝されるようになりました。

毎年、醸造祈願の「上卯祭」(じょううさい、11月上卯日)、醸造完了感謝の「中酉祭」(ちゅうゆうさい、4月中酉日)が開催され、全国から蔵元関係者、杜氏らが訪れます。

またここ京都の松尾大社を総本山として、全国に20以上の松尾神社が存在しており、出雲にある松尾神社は「佐香神社」とも呼ばれ、ここで祀られている久斯之神(くすのかみ)は、出雲大社に全国から集った八百万の神々に酒を醸し振る舞ったという伝説があり、これを日本酒発祥とする説もあります。

最後は松尾大社と同じ京都市右京区にあります、「梅宮大社」。祭神は主神に「酒解神(さけとけのかみ)」【別名:大山祗神(おおやまつみ)】、「酒解子神(さけとけこのかみ)」【別名:木花咲耶姫(このはなさくやひめ)】、大若子神(おおわくごのかみ)、小若子神(こわくごのかみ)です。

「酒解神」の御子・「酒解子神」は大若子神との一夜の契りで小若子神が生まれたことから、 歓喜して狭名田(さなだ)の稲をとって天甜酒(あめのうまさけ)を造り、これを飲んだとされていて、これは穀物からお酒を醸した一番最初とされ、「酒解神」・「酒解子神」を造酒の守護神とされています。

 

それぞれ諸説はありますが、古の歴史より日本酒が飲まれていたことは、間違いがないと思います。世界の歴史を見ても、神話の物語からお酒が登場します。これからの歴史にもお酒が大切なシーンに使われて行く事でしょう。

そんな壮大なお酒の物語を思いながら飲むお酒は、また別格の味になると思います・・・。

 

福田