釜の蓋(かまのふた)

本日、「地獄の釜の蓋」が開きました。

 

・・・何のことかわからない方も多いと思いますが、昔から8月1日を、釜蓋朔日(かまぶたのついたち)と呼び、閻魔大王さまの指示の下、地獄(あの世)の釜の蓋が開く日とされています。

お盆には、あの世からご先祖様が帰ってまいりますが、あの世からこの世への道のりは遠く、8月1日に出発しなければお盆に間に合いませんので、ご先祖様は8月1日、釜の蓋が開くのを待ちかねたように飛び出してこの世への道を向かいます。長い道中にご先祖様がお腹を空かせないようにと、たんさんまんじゅうを作り笹の葉を敷いてお供えし、この世では釜の蓋が開いたことを喜び、自分たちも食べる風習があります。

mannjyuu

これを「釜の蓋まんじゅう」と呼び、主に栃木県那須地方を中心に昔から食べられております。

 

栃木県ならではのお話なのかもしれませんが、本日はたんさんまんじゅうをお供えし、みんなで食べ、ご先祖様のお帰りを待ってみるのも良いかと思います。

 

福田