今年の残暑も昨年同様記録的でした。

やっと秋らしさが感じられるようになり、山間では紅葉も始まりそうです。
しかし、自然災害の恐ろしさも、また身に沁みます。

さて、10月1日は日本酒の日でした。
これから日本酒がさらにおいしくなる時期ね。
そして、新酒の仕込みも始まりました。
栃木の蔵元の中でも、最も早くでる新酒‐それが2011年以来2年ぶりに発売する純米吟醸「一番仕込 天鷹一  First 」です。
このお酒は酒造好適米・五百万石を100%使用し、社員全員で、秋一番に仕込んだお酒。
生原酒の濃厚さと、新酒の力強い旨味を持った純米吟醸辛口酒です。
10月7日が発売予定。
今期一番初めに仕込んだ「First」。
コクのある味と爽やかな香りをお楽しみ下さい。

先月9月に発売いたしました「ひやおろし」も大変ご好評を頂戴しております。
今の季節は、お天気によっては暑かったり、肌寒かったりします。
「ひやおろし」は、冷やしても、お燗でも楽しめますので、日本の秋にぴったりのお2014酒です。
皆さんも季節を感じながらその日の気温に合わせて、是非、天鷹の「ひやおろし」をお楽しみください。


天鷹酒造株式会社 蔵元 尾﨑宗範