天鷹通信 45号

いつも天鷹をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
今年もあますところ1 か月半になり、あわただしさが増しております。お変わりございませんか。
天鷹通信 45 号をお届けします。
本号はニューヨーク国連本部で開催された試飲会の特集です。
今月末には待望の新酒をお届け出来る予定です。新酒情報もご覧ください。

有機醸造元 11月情報   天鷹酒造 代表取締役社長 尾崎宗範
ニューヨーク国連本部での試飲会報告

tuusin_45_01去る1日、ニューヨーク国連本部での試飲会に参加してきました。今回は国連日本政府代表部と日本吟醸酒協会との共催という形で開催です。193ヶ国の大使および国連関係者などをご招待して開催し、なんと280余名の方々にご参加いただきました。その多くが各国の大使ご夫妻や、国連高官の方々ばかり。協会加盟全48蔵の大吟醸酒を携え、25蔵の蔵元が渡米しての催しでした。左の写真でお分かりのように、同じ栃木県 島崎酒造さんも参加されました。 このようなイベントは他のアルコール類も含め、行われたことが無く、なんと「世界初!」ということです。
会場は国連ビル4階にあるイーストリバーに面した眺めの良いレストランを貸し切って行われ、ビュッフェ形式の和食とともに夕焼けに染まるブルックリンを見ながら始まり、最後には夜景がとても綺麗でした。多くのお客様が閉会までお酒を楽しんでいらっしゃる姿が印象的でした。日本酒を初めて口にする方々も多かったのですが、全ての方が「美味しい!」と感嘆されていました。tuusin_45_02

天鷹からは「純米大吟醸斗瓶取り」(非売品・吟翔の原酒です)を出品しました。味と香りのバランスがとても良いとお褒めいただきました。お知り合いの方を連れて、何度もブースにお越しになり、お代わりを求める方々が何人もいらっしゃいました。
今回参加し感じたことは、日本酒の「美味しさ」は国籍、人種を問わず世界中の人々に受け入れられることを再確認するとともに、実感したことです。しかも「美味しい」という反応だけでは無く、「好みではない」という反応をされた方が、ただの一人もいなかったことです。このように多人種・多国籍の方々に一度に飲んでいただいたわけですから、この反応がそのまま世界での反応と考えて間違いないと思います。

そして「美味しい」と感じる味覚に差がないということです。私たち日本人が美味しく感じるものは、世界中で美味しく感じるということを、自信をもって断言出来ます。
二つ目は、まだまだ多くの国々で日本酒が飲まれていないという事実です。今回いらした方々は、それぞれの国の代表といってもよいでしょう。そのような方々の中にも日本酒を初めて口にされた方がおられました。そう考えると、日本酒を広めなければならない所はまだまだ沢山あります。今、私たちが造っているお酒は、もっともっと沢山の方々に飲んでいただけるように努めていかなければなりません。
今回前日にはニューヨーク大使館にて、大使主催のレセプションもあり、駆け足での訪米でした。吉川国連全権大使及び、特に今回の開催にむけご尽力いただきました高橋公使ご夫妻にはこの場を借りて心より感謝申しあげます。

直町杜氏、岩手県卓越技能章授与

tuusin_45_03
天鷹酒造の杜氏 直町昊悦は南部杜氏で、南部杜氏協会の副会長も務めています。その長年にわたる優れた醸造技術が認められ、この11月初め、故郷岩手県より「卓越技能章」を授与されました。
この章は卓越した技能をもって産業の発展に寄与した人物に与えられるものです。記念撮影では、達増岩手県知事の隣に着座する栄誉を得ました。

天鷹の新酒です。12月上旬発売予定

tuusin_48_02 限定品
辛口純米酒 天鷹しぼりたて 生酒
すっきりとした味わいの中に、新酒らしい爽やかな香りがある辛口純米酒のしぼりたて。新鮮な味わいを楽しんでいただけるように、搾ってすぐにビン詰めします。
新酒の味わいをぜひお試しくださいませ。
720ml 1,050円(税込)
1800ml 2,100円(税込)

天鷹通信 45号 PDF