〝純米大吟醸 天鷹心 初しぼり〟が発売しました!!

0710_kokorohatsushibori1

新酒、第三弾『純米大吟醸 天鷹心 初しぼり』が本日より発売します。

ロングセラー商品『天鷹心』の生原酒を、搾ってすぐに瓶詰したお酒で、弾けるほど若々しく力強い味わいが特徴です。

年末・年始にこそ飲んで欲しいお酒ですので、是非この時期に飲んでみて下さい。

★純米大吟醸 天鷹心 初しぼり

720ml  税込1,944円(本体価格1,800円)

1800ml 税込3,888円(本体価格3,600円)

新酒〝しぼりたて〟が出来ました!!

昨日は栃木の山間部は雪が降り、寒さが一段と厳しくなって来ました。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意が必要ですね。

 

さて、天鷹酒造では毎年恒例の〝しぼりたて〟の時期になりました。

日本酒は一年を通して、熟成による味わいの違いを楽しめるのが魅力の一つ。

新酒は熟成しては味わえない、荒々しくもあるフレッシュな味わいが堪能出来ます。

是非、天鷹の〝しぼりたて〟を味わって見てください!!

0702_jun_shiboritate_nama3

天鷹らしい、辛口でお米の旨みが味わえる純米酒です。

吟醸しぼりたてと飲み比べて頂くのもお勧めです。

★辛口特別純米 天鷹 しぼりたて生酒

720ml 税込1,134円(本体価格1,050円)

1800ml税込2,268円(本体価格2,100円)

0701_shiboritate_nama2

原酒の濃厚な味わいが特徴の吟醸酒。

この時期、お鍋料理と合せて頂くのもお勧めです。

是非、新酒のフレッシュな香りと濃厚な味わいをお楽しみ下さい!!

★吟醸 天鷹 しぼりたて生酒

720ml 税込1,404円(本体価格1,300円)

1800ml税込2,808円(本体価格2,600円)

 

更新 森田 航

日本酒の旬

天鷹酒造のある大田原地区も稲刈りが終わり、新米の季節となりました。

食欲の秋を代表するのが新米といっても過言ではないのではないのでしょうか。

さて、様々な食べ物には旬があります。

皆さん日本酒の旬について考えたことはありますか?

伝統的な「寒仕込み(寒い時期にお酒を仕込む事)」から、熱燗の美味しい冬が

旬だと思われる方が多いと思いますが、日本酒には様々な楽しみ方があり、

それぞれの季節によって「旬」なお酒があります。

 

春には「花見酒」と言う言葉があるように、花を見ながら日本酒を楽しむ文化があります。

そんな季節には春を連想させるような華やかなお酒が良いとされています。

「純米大吟醸 天鷹心」などお勧めです。また、日本酒ではありませんが、

人類最古の酒として知られ、国産はちみつと米こうじのみで醸した「はちみつのお酒」も

春らしさを感じられるお酒です。

%e7%b4%94%e7%b1%b3%e5%a4%a7%e5%90%9f%e9%86%b8%e3%80%80%e5%a4%a9%e9%b7%b9%e3%80%80%e5%bf%831-8l%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%b3%e4%bb%98%e3%81%8d%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%81%8a%e9%85%92%e3%80%80720ml

3月の雛祭りには白酒を飲むというのが一般的に知られています。

「辛口特別純米 天鷹 にごり酒」や「有機大吟醸 あまさけ」

などが旬のお酒と言っていいと思います。

%e7%89%b9%e5%88%a5%e7%b4%94%e7%b1%b3%e3%80%80%e3%81%ab%e3%81%94%e3%82%8a%e9%85%92%e3%80%801-8-l%e6%9c%89%e6%a9%9f-%e5%a4%a7%e5%90%9f%e9%86%b8%e3%81%82%e3%81%be%e3%81%95%e3%81%91

夏になりますと、氷を落としてオンザロックで楽しめるお酒がお薦めです。

氷が解けても味の変化の少ない濃いめのお酒などが良いと思います。

「吟醸 天鷹 夏越 しぼりたて生酒」「辛口特別純米 天鷹 しぼりたて 生酒」がお薦めで、

飲み比べる楽しさもあります。

%e7%89%b9%e7%b4%94%e5%a4%8f%e8%b6%8a%e3%81%971-8%e5%9c%a7%e7%b8%ae%e5%90%9f%e9%86%b8%e5%a4%8f%e8%b6%8a1-8

また、ビールの代わりにシュワシュワと感じます

「有機 純米スパークリング生酒」もおすすめです。

%e6%9c%89%e6%a9%9f%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%94%9f%e9%85%92%e3%80%80%e5%a4%a9%e9%b7%b9

秋の代表と言えば「ひやおろし」じっくりと熟成させたお酒は、冷良し燗よしの代表格です。

秋の味覚と相性の良い「辛口特別純米原酒 天鷹 ひやおろし生詰」

「純米吟醸 辛口純吟 天鷹 ひやおろし原酒生詰」などがお薦めです。

%e8%be%9b%e5%8f%a3%e7%b4%94%e5%90%9f%e3%81%b2%e3%82%84%e3%81%8a%e3%82%8d%e3%81%971-8l%e7%89%b9%e5%88%a5%e7%b4%94%e7%b1%b3%e3%81%b2%e3%82%84%e3%81%8a%e3%82%8d%e3%81%971-8%e5%9c%a7%e7%b8%ae

 

また、天鷹酒造では「純米吟醸 天鷹 一番仕込~First~」と言う新酒が発売する時期で、

新酒を先取り出来ます。もちろん、秋の味覚とも美味しくいただけます。

0707_ichiban1-8

仕込みの時期の日本酒の代表格は「新酒」ですね。しぼってすぐに味わえるのも

この時期だけの楽しみです。

上記した「一番仕込」も旬ですが昔から飲まれています「新酒」といえば「天鷹 吟醸しぼりたて 生酒」

新酒の爽やかな香りと、しっかりした味わいが楽しめます。

また「辛口特別純米 天鷹 しぼりたて生酒」も、爽やかな辛口な味が楽しめます。

また、「純米大吟醸 天鷹心 初しぼり」は、新年のお酒としてもおすすめです。

%e8%be%9b%e5%8f%a3%e7%89%b9%e5%88%a5%e7%b4%94%e7%b1%b3%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%a6%e7%94%9f%e9%85%921-8l%e5%90%9f%e9%86%b8%e5%a4%a9%e9%b7%b9%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%a6%e7%94%9f%e9%85%92%e3%80%801-8l%e7%b4%94%e7%b1%b3%e5%a4%a7%e5%90%9f%e9%86%b8%e3%80%80%e5%a4%a9%e9%b7%b9%e5%bf%83%e5%88%9d%e3%81%97%e3%81%bc%e3%82%8a1-8l

このように、日本酒には昔からその季節に応じた美味しく楽しい飲み方があります。

熟成を前提に造られている日本酒には賞味期限は無く、四季折々楽しめ季節の変化と共に愛されてきた

飲み物です。保存がしっかりしている場合、十年以上たったお酒も美味しくいただけます。

「大吟醸 秘蔵酒 天鷹」は、最低でも十年以上熟成させた大吟醸ですが、

愛飲される方も多い美味しいお酒です。

%e7%a7%98%e8%94%b5%e9%85%922001%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%b3%e4%bb%98%e3%81%8d

自分オリジナルの「旬酒」を見つけて楽しむのも粋なものかと思います。

 

福田

初顔合わせをしました!!

11月2日に〝初顔合わせ〟をしました。

日々の出来事、これからの事、ざっくばらんに意見交換が出来てとても良い会となりました。

これから来春まで仕込みが本格化していきます。

全員で力を合わせて美味しいお酒を醸し、お客様へお届けして行きたいと思います。

更新 森田 航

天鷹に新たな仲間が加わりました!!

天鷹に新たな仲間(配送トラック)が加わりました。

今朝早くに納車され従業員のモチベーションは最高潮!!

トラックは大切なお酒をお客様へお届けする、重要なパートナーです。

これからも丁寧に扱い、一日でも長く乗れるようにしていきたいと思います。

更新 森田 航

2016年 第4回 おいしい地酒を楽しむ会 in 矢板市

矢板市で開催された第4回〝おいしい地酒を楽しむ会〟に参加しました。

参加蔵は富川酒造、鳳鸞酒造、森戸酒造、天鷹酒造の4蔵。

例年通り多くのお客様にお越し頂き、大いに盛り上がりました。

試飲カップにお酒の名前が書いてあるので、色々な種類のお酒を分かりやすく飲み比べすること出来ます。

※お客様には出品酒の酒質情報が渡されています。

普段、飲んでいるお酒も飲み比べて改めてその良さに気づくこともあります。

今年お越しいただいたお客様はもちろん、まだご参加されていない方、来年は是非参加されてみてはいかがでしょうか?

更新 森田 航

天鷹と湯津上村と

天鷹酒造のある大田原市は、栃木県北東部に位置し、元大田原氏の城下町で、

奥州街道の宿場町路として発展しました。

大田原市は「大きな俵」→「大俵」に由来し、その名の通り、米はじめとする農業が盛んな地域です。

また、平成17年(2005年)10月に湯津上村・黒羽町を編入し人口約75000人となりました、栃木県北の地方中心都市です。

天鷹酒造の位置する場所は大田原へ編入前には湯津上村と言い人口5000人ほどの小さな村でした。

そんな小さな村でしたが・・・

 

なんと!那珂川水遊園にて来場者数50000人を超える大きなお祭りを行っております!(なかがわ水遊園公式HPhttp://tnap.jp/index.php)

その名も「大田原 天狗王国まつり」(公式HP http://tenguoukoku.com/)

今年も10月23日(日)に開催します!

地元の湯津上村のお祭り。もちろん天鷹のお酒も出展しております!

 

 

さて、天狗王国まつりですが、大きな魅力の一つとして、全国各地からよさこいチームが参戦し、大きな舞台で躍動する「下野YOSAKOI与一まつり」。ダイナミックかつ繊細で、魅力溢れた素敵な演舞を披露してくれます。力強く迫力のある「旗士の舞コンテスト」も魅力です!

さらに、「大田原グルメ・一品物語」のブースでは大田原市の飲食店等が美味しい料理を提供してくれます!美味しいご飯を食べて下さい!

もちろん、天鷹酒造のお酒もあります。秋らしい味わいのある「ひやおろし」をご提供させて頂こうと思います!

美味しい酒に、美味しい食べ物最高です!

 

そしてそして・・・

最後を締めくくりますのが夜空を彩る花火。

なかがわ水遊園も涼しい季節。美味しいお酒と大きな花火。何とも贅沢な組み合わせでしょう。

10月23日。是非ともなかがわ水遊園においでいただき、大田原のお祭りを堪能してください。

福田

秋季限定『ひやおろし、秋上がり』発売しました!!

秋季限定の『ひやおろし、秋上がり』が発売しました。

冬に造られた新酒を酒蔵の中でじっくりと熟成させたひやおろし。

豊穣の秋に、米の旨みたっぷりの円やかに熟した味わいを是非ご堪能下さい!!

0708_hiyaoroshig02

ふくよかで心地よい味わいの辛口の特別純米原酒!!

冷よし、燗よし。お鍋や焼き魚との相性が抜群です。

☆辛口特別純米原酒 天鷹 生詰

720ml 税込1,242円(本体価格1,150円)

1800ml税込2,484円(本体価格2,300円)

0703_hiyaoroshiJG

円やかな味わいとスッキリとしたキレのある純米吟醸!!

お刺身などとの相性が大変良いです。

☆辛口純米吟醸 天鷹 ひやおろし原酒生詰

720ml 税込1,512円(本体価格1,400円)

1800ml税込3,024円(本体価格2,800円)

%e6%9c%89%e6%a9%9f%e7%a7%8b%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a

柔らかな酸味とすっきりとした後味の有機日本酒!!

☆有機純米 秋上がり 原酒

720ml 税込1,922円(本体価格1,780円)

山の恵みに乾杯

栃木県を代表する河川、那珂川の源流に釣りに行って来ました。

この那珂川の水は栃木県民の生活ににとって欠かすことの出来ない重要な役割を担っています。

一部は多くの田畑を潤す農業用水として、一部は暮らしを支える生活用水として、また工業用水などにも使われています。

この多くの人の暮らしを支えている那珂川の水は天鷹酒造にとってもなくてはならないものです。

創業から今日に至るまで、那珂川水系および箒川水系の伏流水で日本酒を醸し続けて来ました。これは良質な水が途絶えることなく流れ続けてくれているからこそ出来たことです。

こうして源流域に足を踏み入れると、自分の生活や仕事がこの水で成り立っているのだという実感が湧いてきます。

この日は山の恵みを少しだけお持ち帰り。

その土地の命を肴にその土地の酒を飲む。

何とも言えない幸せな時間。

自然に対する感謝の気持ちが静かに湧いてきました。

更新 森田 航

南部杜氏講習会に参加してきました!

こんにちは!

今回は7月26日から4日間に渡って岩手県石鳥谷で行われた南部杜氏講習会についてご紹介します。

天鷹酒造からも醸造部で働く5名が参加してきました。

この講習会は、研究施設を持った蔵元や醸造関連の研究所がその成果を発表することで情報交換を行い、お互いの技術を向上させることを目的としています。

毎年異なるテーマのもと講習が行われますが、本年度のテーマは「麹」!!

原料米から施設の清掃方法など、さまざまなジャンルから優良な麹をつくる術を学ぶことができました!

 

写真は会場の隣に毎年描かれている田んぼアートです。

これを見ると今年も岩手に来たと実感します!

1068

 

また、みなさんは杜氏になるためには資格が必要であること、ご存じでしょうか?

意外だな!知らなかった!という方も多いと思います。

講習会の前日には南部杜氏試験が行われ、以前の投稿にもありましたとおり天鷹酒造からも一人の合格者がでました!(詳しくはこちら

1067

 

講習1日目の後には世界遺産である平泉中尊寺に行ってきました!

金色堂の美しさや神々しさを感じつつ、緊張感ただよう中でお参りをしてきました。

なんだかパワーを貰えたような気がします…!

IMG_1260 IMG_1261 1053

 

この講習会を通し、醸造部一同多くのことを学ぶことが出来ました。

天鷹酒造はお盆明けから仕込みがスタートします。

ひとりひとり吸収してきた知識を生かしてお酒造りに望んでまいります!!

更新 坂本

南部杜氏試験に合格しました!!

この度、弊社の大宮金充が南部杜氏試験に合格しました!!

※写真左が大宮金充、右が南部杜氏協会会長の直町昊悦(天鷹酒造杜氏)

自分の酒蔵の親方から直接授与されるのは稀なことですのですので、この写真を見ると私自身、一際嬉しく思います。

これで天鷹酒造では南部杜氏の有資格者が3人になりました。

今後、社内でもより切磋琢磨し、美味しいお酒をお客様へお届け出来るように邁進して参ります。

更新 森田 航

釜の蓋(かまのふた)

本日、「地獄の釜の蓋」が開きました。

 

・・・何のことかわからない方も多いと思いますが、昔から8月1日を、釜蓋朔日(かまぶたのついたち)と呼び、閻魔大王さまの指示の下、地獄(あの世)の釜の蓋が開く日とされています。

お盆には、あの世からご先祖様が帰ってまいりますが、あの世からこの世への道のりは遠く、8月1日に出発しなければお盆に間に合いませんので、ご先祖様は8月1日、釜の蓋が開くのを待ちかねたように飛び出してこの世への道を向かいます。長い道中にご先祖様がお腹を空かせないようにと、たんさんまんじゅうを作り笹の葉を敷いてお供えし、この世では釜の蓋が開いたことを喜び、自分たちも食べる風習があります。

mannjyuu

これを「釜の蓋まんじゅう」と呼び、主に栃木県那須地方を中心に昔から食べられております。

 

栃木県ならではのお話なのかもしれませんが、本日はたんさんまんじゅうをお供えし、みんなで食べ、ご先祖様のお帰りを待ってみるのも良いかと思います。

 

福田

天鷹の愉快な仲間たち①

こんにちは!

業務部の佐藤です。これから月2回くらいのペースで、天鷹の社員のみなさんを紹介していきたいと思います(^^)

 

記念すべき第1回は、営業部の森田航さんです!

森田さんは毎日営業車に乗って、小売店様に商品を配達したり、商品の紹介などをしています。土日などは地域のイベントや試飲販売会に行き天鷹の魅力をお客様に伝えています。

 

SONY DSC

入社3年目の森田さんですが、パンフレット作成やラベルデザインを任されるなど仕事ができる頼りになる存在です。

先輩の私もいつも頼ってしまいます笑

そんな森田さんの趣味は、ソフトテニスと釣りです。

特に釣りに対する熱意は尋常ではありません!県外はもちろん、海外にも釣りに行ってしまう程です。

1469746191734

先日入籍し、新婚旅行で沖縄に行ったそうなのですが、その際も釣りをしてたくさんの魚を釣ったそうです。名前のわからない魚は美ら海水族館に持っていて調べてもらったとパンダみたいに日焼けした森田さんは話してくれました(^o^)

 

新婚ホヤホヤの森田さん、もしお店や試飲販売会で見かけた際には声を掛けてあげてくださいね!(^-^)/